DID YOU KNOW HOW THE AIR CONDITIONING SYSTEM ONBOARD SHIPS AND SHIPS’ CABINS WORKS?

Cover image

効果的な換気システム

コロナ禍の中、安全を確保するため様々なことがらに注意が払われる時代となりましが、弊社でも、特に船内、そして特に各キャビンの換気について懸念されるお客様より多くのお問い合わせをいただいております。弊社の船舶においては、そのすべてで各キャビン別々に換気されており、隣り合うキャビンの空気が混じり合うことはありません。また、キャビン内の空気圧力を若干高くして、廊下の空気がキャビンに流れ込むことのないようにしています。

記事掲載2020年10月20日

キャビン(客室)は常時換気されています

弊社の船舶はそのすべてにおいて、各キャビン(客室)に専用の空調・換気システムが備わり、船外から取り入れられた新鮮な空気が、隣のキャビンを通過することなく直接届く構造となっています。

また、船内の各公共スペースの空調と換気においても同様のしくみとなっており、同じ空気が船内広域にわたって循環することはなく、スペース毎に古い空気の排出と新鮮な外気の取り込みが行われます。

キャビンの換気は5分から10分の間隔で絶え間なく行われており、1時間で完全に入れ替わります。換気間隔は自動調整されており、最長の10分でも1時間に6回の計算になりますが、実際はそれ以上の頻度で換気が行われています。

 

レストラン&バー、ショップ、その他公共スペースの空調について

船内レストラン&バー、ショップ、その他公共スペースの空調もキャビンと同様の仕組みとなっています。各スペースに設けられた空調・換気システムにより短間隔で船外の新鮮な空気の取入れと古い空気の排出が行われます。同じ空気が再利用されたり、広域にわたって循環することはありません。

従来は船内に設置されたセンサーが空気中の二酸化炭素量をモニタリングし、換気頻度を自動調整していましたが、現在コロナウィルス対策のため、システム能力の最大限の設定にて換気を行っています。

船の製造時期によって空調システムに違いはありますか?

タリンクグループの船の中には非常に新しいものと、そうでないものがありますが、すべての船に最新の優れた技術に基づいた空調システムが搭載されています。つまり、全船の空調システムにおいて同一のスタンダートが採用され、等しく効果的に換気が行われているということになります。

船内の空調システムの仕組みについて注目に値することは、排気を行うダクト管の束と、給気を行う管の束が別々にあり、空気の排出口と取入れ口は船のそれぞれ両サイド、10mの距離を挟んで設置されているということです。船の空調システムと関連の装置は定期的にメインテナンスされ、細心の注意をもってモニタリングされています。

まとめますと、船内の効果的な換気システムおよび強力なフィルターが空気中のウィルスを効果的に除去するため、船内の空気を介してコロナ感染する可能性が最小限に抑えられているといえます。

弊社の船舶におけるその他の安全対策について